週末雑感(こじらせたい)

ひねくれた上質な暮らし、キレイな映画、ステキな音楽、忘れられない食事。FOR SHY BOYシャイボーイの遊び心を表現していきます。

週末雑感 Vol.97 永遠の0(ゼロ) 死ぬことが決まっている時間に人はどう過ごすか。

 

http://blog-imgs-70.fc2.com/p/u/r/puranoa6750057/zero.jpg

特攻隊をテーマにした話題の映画

永遠のゼロが本日放送されますね。

 

kinro.jointv.jp

 

個人的に戦争テーマの映画はなぜか

凄い好きなので絶対に見よう。

 

戦争って切ないストーリーと

壮大なスケールと人間の本質が見えるから

多分好きなのだと思う。

 

ただ作ったのはこの人

http://atta2.weblogs.jp/.a/6a01287589fbf4970c0167684e45c6970b-pi

 

知識が無い中での批判は恥ずかしいが

たかじんのニュースや過激発言が多いと

ニュースでよく見ます。

 

凄く反響が強かったらしく

2012年10月の『オリコン“本”ランキング文庫部門』で歴代13作目のミリオンヒット作となった[3]。2013年8月付けで、湊かなえ著『告白』(2010年・双葉社)の254.4万部を超えて文庫部門1位を記録し[4]、同年12月には文庫版の販売部数300万部を突破。歴代のタイトルで300万部超えは、オリコンの書籍全部門を通し、コミック部門の『ONE PIECE』(51巻から70巻までの計20作で獲得)に続いて史上2例目となる[5]

wikipediaより抜粋

 

しかもデビュー作だったとか。

凄いわ。

 

国のために命を捧げるのが当然だったと言われる戦時下の日本と、そこに生きた人々の真実を知っていく。凄腕の零戦乗りで、卑怯者と誹られても「娘に会うまでは死なない」と松乃との約束を守り続けていた久蔵は、どのような生涯をおくり特攻を選んだのか。終戦から60年を経て、各々の壮絶な生き方と封じられていた事実を明らかにする。

wikipediaより抜粋

 

こういう全く世界観が違うのが魅力というか

絶対にその世の中には行きたくないけど、

国のために命を捧げるのが当然と言われる

戦時下。

 

どんな時代やねん。

 

それを強制できてしまう集団の心理。

家族を捨てなければいけない覚悟。

もう見えている死ぬという未来。

 

こんな世の中だったんだなと

若い世代が実感して未来へ伝えていくためにも

見なければいけないですね。