読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末雑感(こじらせたい)

ひねくれた上質な暮らし、キレイな映画、ステキな音楽、忘れられない食事。FOR SHY BOYシャイボーイの遊び心を表現していきます。

週末雑感 Vol.106 京都へ移住しましたという話

「伏見稲荷」の画像検索結果

2016年10月から13年を過ごした東京を離れ

京都へ引っ越ししてきました。

 

住居は伏見稲荷という日本で一番観光客の多い

観光名所の近くで毎日ざわざわと観光客の方が

いろいろな世界から来ています。

 

お店も喫茶店、そば屋、ラーメン屋などありますが

さすが観光客のための町。居酒屋とかが少ない。

 

しかも19時くらいになると店がほとんど閉まり

居酒屋とかが少ないので道が真っ暗になります。

 

ホテルも少ないから夜遅くまでいる

観光客が全然少ないんだろうな。

 

民泊とかやったら絶対儲かると思う。

 

暮らして4か月経過しますが、

浅草に比べて本当に静かで夜なんか

何も聞こえません。

 

夏ころになればコオロギの鳴き声とか

聞こえるのかもだけれでも、

いまのところ何も聞こえません。

 

さてなぜ引っ越しをしたかということを

誰も見てないと思いますが、書くと

京都へ移住したかったから。

 

あと東京が嫌いだったから。

 

昔関西に住んでいたから京都へはよく来ており

また社会人になってからも来る機会が多く

来るたびに素敵な町だな…と思ってました。

 

場所によるんですが、

下北沢のような雰囲気ですね。

レトロと目新しさが混在して、

サブカルチャーの匂い、本質的な料理店

見栄を張った祇園の割烹など。

 

幅広い世界観が広がっており

いつも「ここに住めたらいいな」と思ってました。

 

とあるきっかけで独立することとなり、

パソコンがあれば基本的にどこでも仕事ができる

そんな状況になってから、売上も出て経済的にも

安定してきたので

 

京都へ移住することにしました。

 

いろいろ物件も探して結局築80年の古民家に

暮らしていますが滅茶苦茶なほど快適です。

 

夏は暑い、冬は寒い。という

季節的なマイナス点はありますが

それさえなければ100点満点の家です。

 

本当に思ったのは物価も賃貸も安い。

本当に安い。

 

東京の7掛けくらい。

23区のね。

 

600円でもおいしいご飯食べられるし

10万円払えば2LDKは確実に住める。

 

京都に移住してよかったと色々感じています。

 

次は家を賃貸するのではなく

購入したいと思います。

 

新築じゃなくて、家を買ってリノベーションしたい。

昔の趣は残したまま、自分の思い通りの家にしたい。

 

まだまだ僕の京都の暮らしは始まったばかり、

もっと楽しみたいと思います。